VIVAROSSAの紹介

VIVAROSSAの最大にして最高の見せ場はライブである。パワフルかつ華のあるステージはライブファンがステージ上に求めるエネルーギーを遥かに超える迫力で迫ってくる。

しかし、そんなVIVAROSSAのライブパフォーマンスは 「ただ盛り上げる」でも 「ただ暴れる」でも「ただ聴かせる」でもない。フロアを最高潮に押し上げる力はもちろんのこと、最後には人の涙を誘う、感情を揺さぶる「歌」や「音」を兼ね揃えた楽曲がライブの最後を締めくくるのだ。

このエンターテイメント性やショウスタイルは、各地でファンは増え続けており、特にミュージシャンやクリエーターからは強い支持を受けている。

VIVAROSSAの根底にあり土台にあるのは紛れもなく「楽曲」である。全曲の作詞作曲を手掛けるVocal小橋麻美が放つ言葉やメロディーには人間の生々しい愛情、喜びや悲しみ、切なさがドラマチックに展開する。

ヒリヒリするほどに痛い人間味が驚くようなリアルな言葉で表現されている。2010年発売の雷神リズムでその片鱗が見え始め、2011年発売のハルノリズム、そしてナツノリズムと段階を経て、その色は強烈になっていく。

 

リリース作品

・フユノリズム
M1.愛しき日々
M2.スノーダンス
M3.ノクターン

アキノリズム
1.September
2.Good-Night-Tokyo [ROCK RUSH RADIO11月度エンディングテーマ]
3.AKIKO

・ナツノリズム
1.熱帯夜
2.ノスタルジック
3.マツリノアト

・ハルノリズム
1.サヨナラ
2.ハラハラ
3.衝動

 

・Acoustic
1.NAME
2.PUNK
3.PRESENT~オクサマーチ~

声が、打音が、弦の振動が、ストレートに響き渡るアコースティック編成でのライブでのみ演奏されている全3曲。
3曲目「PRESENT~オクサマーチ~」は結婚式での演奏、BGM使用依頼を受ける程の秀作、必聴です。

 

・雷神リズム
1.花鳥風月
2.四次元LIGHTNING
3.愛してる
4.ブラックホールマイガール
5.バイバイサーフィン
6.オヤスミ

ネオ渋谷系モンスターVIVAROSSAが贈る!
全曲キラーチューン玉手箱アルバム!!
タイトルのごとく、まさに雷のような衝撃を聞く者に与える全6曲。
体を揺らしたくなる、叫びたくなる、なのに泣きたくなる。
VIVAROSSA活動4年間の集大成となる1枚…!

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です